「理念――持続可能な世界を目指す、グローカルな公共研究」

公共研究センターは、持続可能な世界の実現を目指して、政治経済や環境・福祉・平和問題などの公共的でグローカル(地球的・地域的)な問題群に取り組む学際的な教育・研究拠点です。

21世紀の世界では、環境問題・貧困問題・紛争問題をはじめ地球規模の公共的な問題が山積しています。先進国でも国際関係の大きな変化やポピュリズムなどの現象が現れて、政治経済に動揺や混乱が生じています。

これらの問題に対して、千葉大学では過去15年近くにわたり、公共性を焦点として学際的な研究を進め、国内外の第一線級研究者たちとのネットワークを密にしてきました。そうした実績と背景の下、研究者と市民の知を結集した学際的な研究拠点として2004年に「持続可能な福祉社会に向けた公共拠点」として公共研究センターが設立されました。「公共研究」とは、公共性を実現するための、公共的問題についての思想的・経験的研究を意味しています。

2010年4月には地球環境福祉研究センター(通称 公共研究センター)となって2012年度からは大学院の院生向け教育プロジェクトを開始して教育活動をも担うようになりました。公共的な市民の育成や議論の活性化のために対話的教育にも力を注いでいます。私たちの公共研究の成果も評価されて、本年度(2017年度)から文系の大学院が人文公共学府へと改組されたので、これに伴って社会科学における中心的なセンター(共同教育研究拠点)の一つとして位置づけられ、正式名称が公共研究センターに戻りました。

本センターは「公共とは何か」を念頭に置きながら教育研究を行うことにより、私たちの社会の今と未来を見据えて持続可能な世界を形成するために、グローカルな公共的問題の解決や公共的市民の育成に向けて、下記の目標を掲げます。

  • 研究者、問題関心を共有するNPOやNGOなどの市民や官公庁・企業との連携・協働を通じて、学際的にして実践的な知の発展を目指します。
  • 政治学、経済学、経営学、社会学、公共哲学をはじめとした学際的な研究を推進させることにより、持続可能な世界の生成に向けて、環境・福祉・平和問題をはじめグローカルな公共的問題の解決を目指します。
  • 思想・哲学的研究と政策・制度的研究を連携させつつ,公共性の実現に向けての教育研究を行います。対話的アプローチも展開することにより、思想的・歴史的観点を踏まえて現実的・実践的政策を考えることのできる公共的市民の育成をめざします。