千葉大学大学院人文社会科学研究科にて、本センター主催型の教育プロジェクトを行っています。大学院生はこのプロジェクトに参画して、単位をとることができます。本センターからは、報告書として、『公共研究』を出版しています。

<28年度のプロジェクト>

1.公共研究の展開(5)
責任者:小林正弥
2.幸福研究と政治経済学
責任者:
3.時代を読む(5)―グローバライゼーションとグローバル・ガバナンス
責任者:
4.教育機関におけるマネジメントシステムの実務教育への活用
責任者:倉阪秀史
5.地方自治体における再生可能エネルギーの活用と地方創生
責任者:倉阪秀史
6.地域の資本ストックの持続可能性を確保する政策の検討
責任者:倉阪秀史

 

<27年度のプロジェクト>

1.公共研究の展開(4)
責任者:小林正弥
2.企業の社会性とCSR論の進化・展開に関する研究(3)
責任者:松野弘
3.環境マネジネントシステムの公共的研究(2)
責任者:倉阪秀史
4.再生可能エネルギー普及に向けた政策的・技術的研究
責任者:倉阪秀史
5.地域の持続可能性マネジメントに関する公共的研究
責任者:倉阪秀史

 

<26年度のプロジェクト>

1.公共研究の展開(3)
責任者:小林正弥
2.企業の社会性とCSR論の進化・展開に関する研究(3)
責任者:松野弘
3.時代を読む—グローバライゼーションとグローバル・ガバナンス(3)
責任者:蔡孟翰
4.環境マネジネントシステムの公共的研究
責任者:倉阪秀史
5. 再生可能エネルギー普及政策の研究
責任者:倉阪秀史
6.地方持続可能性指標の研究
責任者:倉阪秀史

 

<25年度のプロジェクト>

1.公共研究の展開(2)
責任者:小林正弥
2.企業の社会性とCSR論の進化・展開に関する研究
責任者:小林正弥
3.時代を読む—グローバライゼーションとグローバル・ガバナンス(2)
責任者:蔡孟翰
4.再生可能エネルギーに関する教育プログラムの開発
責任者:倉阪秀史
5.経済の文明間対話の可能性に関する基礎研究
責任者:石戸光
6.中国・インドネシアにおけるSocioeconomicRelationsの理論・実証研究
責任者:榊原健一